滋賀県、京都府、大津市、冷える瓦クールベーシックのことなら川北商店へ。
軽い屋根 涼しい瓦
リフォーム ソーラーシステム
お任せください
全日本瓦工事連盟優良加盟店
かわらぶき技能士1級 及び
瓦屋根診断技士保持者がお伺いします。
冷える瓦クールベーシックの施工例
● 空飛ぶ、鳩小屋

大津市北大路の住宅のリホーム工事本日より開始です。
5寸勾配の大きな屋根です。

築30年コンクリートスレートから平板瓦に交換しますが、 一つ問題発生、屋根の真ん中に白い窓が付いた小さい屋根が飛び出しています。

ヨーロッパの古い家なら、屋根裏部屋から続く明り窓なんですが日本のこの時代の建築の場合、ほぼ100%窓は、あきません。

小さい穴が、開けてあり換気装置の役目をしていますが、
あんまり効果は、期待できません。それより、雨もれの原因になることが多く、今回も野地板が痛んでいました。

職人のあいだでは、こんな飾り屋根を 「鳩小屋」と呼んでいます。
たまに、ほんとに雀やコウモリの棲み家になっています。^_^
そこで、今回は、完全に撤去、フラットで住み良い屋根に造り変えます。

● 今から、夏を考えて!

鳩小屋の跡は、フラットになりました。

大きな寄せ棟屋根になり、今回使用する、瓦は、愛知県半田市の鶴弥製の、
スーパトライ110 クールベーシック クールブラック色を採用しました。
最大の特徴は、屋根を、冷やす瓦なのです。

特殊な製造法で、太陽からの赤外線を選択的に反射し、熱の発生を防ぐことに成功しました。
夏の電気代が1200円余り安くなる予想です。
屋根から始まるエコ生活を私達は、推すめします。

● クールブラック完了

予定どうり大津市北大路の住宅てっぺんまで、葺き上がり棟瓦を納めて完了です。

スレート瓦から、厚みのある平板瓦になり、重厚感がある屋根になりました。

夏涼しいく、冬温かい暮らしが始まります。??

● クールブラック完了

屋根の温度がさがります!
瓦製造トップメーカー鶴弥が、日本の屋根を夏の暑さから解放します。
太陽からの赤外線を反射し熱の発生を防ぎます。


品名:クールベーシック クールブラック色 タイプ2

直線的な軒先と、白壁を引き立てるブラック。
シンプルな屋根に秘めた性能!
付加価値がある瓦をお薦めします。
もちろん雨、風に対する強さは今迄どおり。

住まいと、暮らし、少し涼しい新製品で未来を見つめます。
大津市北大路でのリフォーム工事が完成いたしました。

このサイト内の記述、画像の無断転載・使用はご遠慮ください。 © 2008 KAWAKITASHOTEN Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社 川北商店 〒520-0814 滋賀県大津市本丸町 2-16  Tel 077-522-5161  Fax 077-522-3286   info@kawakitashoten.com