滋賀県、京都府、大津市、瓦と同時にリフォームしませんか。
軽い屋根 涼しい瓦
リフォーム ソーラーシステム
お任せください
全日本瓦工事連盟優良加盟店
かわらぶき技能士1級 及び
瓦屋根診断技士保持者がお伺いします。
瓦と同時にリフォーム。瓦・屋根葺き替え、補修。
草津市H邸 屋根葺き替え工事
l青緑瓦からいぶし瓦への葺き替えです。
土葺き工法から桟葺き工法になりました。
まず、既存瓦と葺き土の撤去をおこないます。屋根の上にある物をすべて降ろします。
その後、構造合板で野地ムラや野地板の補強をします。構造合板を打ち終わると下地材を施工していきます。
下地材はウルトラチャンピオンを使用しています。  この下地材は瓦桟木を打ち付けても隙間があくようになっており、瓦桟木は杉材で良質の赤身を使用しています。 屋根の寸法に合わせて割り付けた後、墨付けをし瓦桟木を打ち付けてから瓦葺をします。
瓦は一枚ずつ桟木に引っ掛けて一枚おきにステンレス釘で留めていきます。
のし瓦は台のしを積んだ後、上に積んでいきます。両側ののしは銅線で緊結しています。
谷部分はステンレス板を使用していますので、酸性雨に対して強いです。
壁際は捨て谷を入れて雨仕舞を良くしています。
葺替 (ふきかえ)
改装前
 

改装後

     
谷の銅板も腐食し、穴があいています。雨漏りの原因です。強いといわれている銅板でも酸性雨によって10〜20年で穴があきます。
 
瓦めくり中。ほこり、ごみなどがご近所の迷惑にならないように行います。
 
野地板補強のため、構造合板を貼ります。たる木に65oの釘で打ちつけます。
屋根に使う瓦を揚げて並べます。ステンレス釘により桟葺で瓦を留めます。
 
谷板交換後、ステンレス板を使用し仕上げます。
 
八谷の棟のおさまり部分。
       

のし瓦施工中。のし瓦は一枚ずつ緊結します。

       
補修 (ほしゅう)

瓦のズレを見逃すと、こんなことになります。
雨が家の木の部分にダメージを与えます。手遅れになる前に修繕が必要です。

 
棟下のしっくいが落ちて、土が見えています。
 
白しっくいを塗って瓦すっきり!

 

 

このサイト内の記述、画像の無断転載・使用はご遠慮ください。 © 2008 KAWAKITASHOTEN Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社 川北商店 〒520-0814 滋賀県大津市本丸町 2-16  Tel 077-522-5161  Fax 077-522-3286   info@kawakitashoten.com